<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

犬が吠える@東京

また犬が吠えた。
昨日のリキッドルームは行けなかった。
チケットは手元に1枚だけあった。

一週間に2回も早退もしくは休暇をとるのは困難。

でも、行きたかった。けど、行かなかった。

このチケットは、
もともと私が行くために手に入れた訳じゃない。

924で出会って、こんな田舎者にとても親切にしてくれた方に
どうしてもプレゼントしたくて、
必死で譲ってくれる人を探したのだ。

本来ならば、924のときにまた東京で会おうねって約束通り
私も彼女もそのつもりで
先行、一般と手を尽くしたけれど見事に外れた。

私は万が一を考えて、名古屋も大阪も手に入れたけど、
彼女は東京しか日程が合わず、チケットも手に入らずライブを諦めた。
落ち込んでいる彼女になんとか行かせてあげたくて
ようやく、ライブ2日前にチケットを手に入れた。
速達で前日にチケットを届ける事が出来た。
長いお礼のメールが届いた。
文章がとてもうれしそうで、自分が少し誇らしくなった。

彼女がライブを観ている間、私は会社で仕事をしていた。
開演時間頃からそわそわして、仕事どころではなくなっていた。
整理番号的にはまあまあだったけれど、なんとか4列目まで行けたらしい。

名古屋では、五十嵐さんの立ち位置が左だったので
左側キープよ!なんてメールを送っていたのに
ふたをあけたら何と、リキッドルームでは右だったらしい。
後で彼女には何度もあやまったけど、
かえってその方が全身観れて良かったんだとか。優しいフォローだ。
黒のコンバース履いてたんだとか(笑)
曲順も名古屋とは少し違ったみたいだ。
色々模索しながらやってるのかもなぁ。立ち位置までも?

アンコールのMCはなかったけど、始まったときに笑顔だったって、
ちょっと観たかった気もする。

・・・・・・・・・・・・・・

ライブが終了して、彼女は家路に着いて、
私も丁度帰宅した深夜1時に電話をくれた。

ありがとうっていう言葉をいっぱいもらった。
私もありがとうっていう気持ちなんだよって、伝えた。

それから延々とライブのことや五十嵐さんのことや、仕事や恋や友人や
東京のこと、田舎の事、たくさん話をしていたら夜があけていた。
924ではじめて出会った、まだ1度しか会った事のない親友。
不思議なくらい打ち解けて、それがとても心地よかった。

彼女とは924の時のAXからの帰り道、少ない時間でたくさん話をした。
都会での心細さなんてすっかり忘れるくらいに。
渋谷駅前で別れたあと、券売機が分からずオロオロしていたら
振り返りながら私の様子を見ていた彼女が走って戻ってきてくれた。
「やっぱり心配だから」って私が改札通って行き先の階段を上りきって
見えなくなるまで見送ってくれた。

彼女からあたたかいメールが届くと
いつもSyrup16gの「ラファータ」を口ずさんでしまう。

通じるとか、伝わるというのは会う回数とか時間とかの問題ではない、と思う。
音楽もそうだろうなと思う。ファンになった歴とかも関係ない。
現に、私はSyrup16gの解散前を知らない。

きっと、出会うべくして、出会う人がいて、
きっと、出会うべくして、出会う音楽があって

それが、いま私が大切にしている人であり
愛している音楽なのかもしれない。


時間ではなく、深さ。



そんな事を考えた、深夜を通り過ぎた朝のわたし。
[PR]
by e_cocoro | 2008-11-30 05:22 | 音楽

サムゲタンツアー@名古屋

行ってきた。名古屋。

しかもかなりの強行スケジュールで。
だって、ここは瀬戸内。
名古屋日帰り遠征って・・・どうなの?

でも、いきたいんだ。
そのために毎日毒吐きながら仕事してるんだ!

で、行きました。
3日前に有休申請して、
もちろん、一日休めるほど暇ではないので
新幹線の時間ぎりぎりまで仕事。

17時前に名古屋到着。
開場までまだまだ時間あるし、
グッズの先行販売はないみたいだし、で、時間を持て余す。
こんな時の時間の使い方、すごく下手だなって思う。

名古屋は初上陸なのに、パルコしか観れてない。
いいんだ、
今の私には、犬が吠えるが観れたらそれでいい。
声が聴けたらそれでいいんだ。

300番台で、グッズ買えるか心配したけど、問題無し。
今回はTシャツいっぱいあったなあ。
924で買った犬吠Tシャツと同じのは買わず、
今回はグレーのと、犬吠文字と犬がプリントされた白Tをゲット。

多分、グレーTを五十嵐さんは着て出てくるだろうなと思ってて。
赤T欲しかったけど、五十嵐さんのギターは赤だし、
どう考えても赤いギターに赤Tなんてあり得ないもの。
それはそれで観てみたい気もするが・・・

続き(長いです)↓
[PR]
by e_cocoro | 2008-11-28 01:15 | 犬が吠える

犬が吠える、その前に。

もうすぐ犬が吠える、だなぁ。

その前に、今日は犬が吠えるのギターでもある
konoさんのバンドtéのワンマンに行ってきた。

なんていうか、凄まじいというか、うん、ただただすごかった。
言葉の引き出し少ないからうまく表現できないな。
歌ものじゃないのに、あれだけのパワーはすごいとしか言えないのだ。
konoさんの地元だからご機嫌だったな。MCも面白かったし。
五十嵐さんのこともちらっとしゃべってたなぁ。
「カウントダウン出ます、westはtéじゃないけど、知ってる人は知ってる
あるバンドでギター弾いてますとか、(そんな感じで)
某16gの五十嵐君率いるバンドの・・」(そこで、お客さん「あ〜」)
意外と犬は知られていない様子。ま、地方だしね。

その後のMCはなんとなく笑いにされちゃった感は否めないけどさ・・。
ここに書くのも、思い出すのもめんどくサクッと忘れた。

konoさん、「犬が吠えるは俺も曲作ってます」って言ってたなあ。
それ聞いて、あ〜それでかぁっていろいろと個人的に納得。
924ではじめて犬が吠える聴いたときに、
違和感というか、しっくり馴染めないというか、
嫌いじゃないけど、すごく好きになれないかもっていう焦り(?)
みたいなのがあって、まあ、はじめて聴いたんだから、
何回か聴けば変わるかもとか、でもどうしよう、
五十嵐さんの曲が素直に受け入れられないかも・・なんて思っていて、
これから犬が吠えるのライブ何回か行っても
やっぱりまっすぐ突き刺さってこなかったらやだなあとか思いつつ
でも何曲がまっすぐ突き刺さってきた曲もあったわけで、
そんなわけで、今日のkonoさんのMCで、
な〜んだ、全部五十嵐さん作詞作曲ってわけではなかったのね、と
ようやく924の曲達を受け入れられました(遅っ

まあ、誰が作ろうが、五十嵐さんが吠えてくれてればそれでいいや。
結局はそこなのだ。新しいスタイルを楽しむ、それでいい。

その前に、名古屋には間に合うんだろうか・・胃が痛い。
とっても殺人的スケジュールで移動しなければ。
定時でダッシュで新幹線飛び乗ってタクシー拾って会場へGo!
多分、犬が鳥(トリ)なら(笑)ギリで間に合う。
全部観たいけど、平日・・・。有休とらずに遠征するバカは私くらいだな。
トリが電話だったら、潔く踊る。スパルタならひと叫びして暴れよう。
[PR]
by e_cocoro | 2008-11-24 01:52 | 音楽

立ち止まって、見つめて

いつだったか、MTVでたまたま流れているのを聴いて
そのまま、涙が止まらなかった曲。
全部、歌詞はわからないけど、サビの部分でこみ上げてきた。


最近はずっとこの曲の気分。
「Stop and Stare」

Dreaming Out Loud
OneRepublic / / Interscope
ISBN : B000WMEAKC
[PR]
by e_cocoro | 2008-11-13 23:06 | ひとりごと

ART

ART-SCHOOLのライブに行ってきた。
会社帰り、整理番号7番。
至近距離。理樹くん顔小さい。しかも細い。
ライブ最高。ちょっと耳が故障中だったので聴き取りにくかったけど
大好きな曲いっぱいで、嬉しかったなあ。また来てね。(祈

Ghosts & Angels
ART-SCHOOL / / PONYCANYON INC.(PC)(M)
[PR]
by e_cocoro | 2008-11-10 23:00 | 音楽

CDJ WEST08/09に、

COUNT DOWN JAPAN WEST 08/09。
今年は最初の先行で3日通し券を買っていた。
割引あるし、お得かな〜くらいの感覚で。
まだ、出演者発表もなかったのに、変な直感というか、
なんか起こる気もしたから。

でもまさか、でもまさか・・・
犬が吠えるの文字があるなんて!。
わー!!!あの人がCDJに出演するなんて!!!!!!!!!!


ありがとう。
そんな言葉しか出てこない。
とりあえず、関わってる人すべてに感謝。
ああ、もう素敵な年末になりそう。

予感的中というか、もう気分最高だ。

年末にまた声を聴ける。
今年はあと何回か会える。
もう、それだけで幸せだ。
[PR]
by e_cocoro | 2008-11-01 03:27 | 音楽


音楽と日々の雑記録。やっと更新する気になったかも。               


by e_cocoro

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

その他のジャンル