0417 "Neuron Tour"@岡山 CRAZYMAMA 2nd ROOM 

ひさしぶりに、感想を。
レポではなく、あえて感想だけ。

最近はライブ自体数ヶ月に一度とかそんな頻度。
しかもスリーピーを観るのは1年ぶり?
間にacとか成山内を観に行ったことはあるけれど
abを観るのは随分と久しぶり。
少しだけ遠ざけていたというのが本音。

ドラムの音が変わることは、
私にとっては大きな問題で
新譜は聴いたけど、やっぱり受け入れられなかった。

音楽を楽しみたいのに、あれが違う、これが違うって
音楽じゃなく“音苦”になっていた。

腹くくってライブに行ってみたものの
新譜からの曲はまだよかったけれど、
過去の曲をやるたびに、
間違い探しをしてしまう自分。
違うことに対して受け入れられない自分。
バンドはすっかり前進してるのに、
私だけその場で地団駄してるような。

もうあのときの4人は観れないんだなって
ようやく現実と向きあって、妙な寂しさに襲われて
意味も無くボローっと涙流して。

泣いたおかげで吹っ切れて
途中からスッと音が入ってくるようになって、
あんだけ苦しかった前半が噓みたいに楽になって
ようやくライブを楽しめて、
終わってからやっぱり行ってよかったなって。

目の前に存在しない現実を
受け入れるには時間がかかるけれど
多分これからも事あるごとに
あのときはこうだったとか、この曲はこうだったとか
思うんだろうけど。それも仕方ない。

ライブが始まる前、今回のツアーに何度か行っている友達に
ドラムの音の違いを受け入れられるか不安だと話したら
「例えば、以前は地上に碇を下ろして構えてるような音だとしたら
今回は突進してるような感じだよ」と説明してくれたのだけど、
ライブを観終わって、ああ、何かわかるかもと思った。

全体を通して安心感も技術的なものも変わりないのだけど、
ずいぶん「若返った」感じがした。
前のめりでよりロックっぽくなったというか、
ギリギリの危うさというか。
でも若手のハラハラみたいなのともちょっと違う。
キャリアもあって紆余曲折あっての音、今だから出せる音なのか。

MCで「Reスタート」という言葉を使っていたのも印象的だった。
メンバーの強い想いが込められているのかな。

私の聴き方も「Reスタート」しなくちゃね。





でもー、やっぱりリズムの好みとしては
あの独特のしなり感とかタメのきいたドラミングとか
心臓直撃するような一蹴とか、
繊細なシンバルのキラキラ感とか欲しいわけでー。
聴けば聴くほど物足りないわけで。


新しい音が悪いわけじゃない、
ただ、前が良すぎた。
そう思いながら乗り切りますけどね・・・。

ほ、ほら、あれだよ失恋の痛みみたいに時間が解決してくれる・・・みたいな?
[PR]
by e_cocoro | 2013-04-19 17:06 | sleepy.ab


音楽と日々の雑記録。やっと更新する気になったかも。               


by e_cocoro

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

その他のジャンル