0718 JOIN ALIVE@北海道いわみざわ公園

d0148249_22271980.jpg

d0148249_22234139.jpg

d0148249_22232261.jpg

d0148249_222411.jpg

d0148249_22281631.jpg




d0148249_2233138.jpg

d0148249_22332359.jpg


目が覚めたら函館を過ぎていた。寝台列車内のシャワーを浴びて、
朝食の時間までまたおしゃべりをして、
残り3時間ほどでお別れだと思うと寂しくて
窓の外を眺めながら、いろんな話をした。
すっかり打ち解けて、最後のほうは下の名前で呼び合っていた。
下車する前に、見知らぬ土地で迷子にならないようにと言って、
2人の住所と連絡先が書かれたメモを渡された。
困ったら近くにいるから電話してって。
札幌駅に到着しておばあちゃん達より1本早い特急に乗り換える私を
ホームにのぼるエスカレーターの下まで見送ってくれた。
いっぱい握手して、いっぱい手を振って、「また会おうね」って。

また一人になった。でもさみしくなかった。
札幌から列車で40分ほど離れた岩見沢駅に到着した。

旅の目的の一つ、JOIN ALIVEという新しいフェスに行った。
がっつりとちゃんと観たのはsleepy.abと小林太郎。
この2組のためだけに行った、ようなものだけど。
sleepyは福原さんとの曲の時の照明が華やかで眩しくて
目を閉じたら残像が青い紫陽花みたいに見えて不思議で綺麗だった。
いい意味でも悪い意味でも
他の演奏曲での思うところいっぱいあるけど書ききれない。
唯一後悔は物販のサイン会。やっぱ買ってサインしてもらって
話したかったなあと、ほほ。
小林太郎は、もう・・・すみません、最前列で、という感想。
そしてまさかこんなにどっぷりハマろうとは。
初めて聴いた新曲で涙抑えるの必死だった。
一人だったらきっと後ろでまったり観ていたのだけど、
友達に誘われるがまま最前列で、いや、友達のおかげでその後
うっかり、すっかり、どっぷりになっちゃったけど。

今年初めて開催されるフェスってことを知らずに参加したけれど
体力的にもちょうど良くて素晴らしいフェスだった。
小麦畑が広がる自然を背景に、涼しい風に吹かれながら
大好きな音楽を聴きつつ芝生でごろ寝、まではできなかったけど
贅沢だったな。 来年も開催されれば迷わず参加する。

今回は友達と合流してライブの合間に木陰でおしゃべりしたり、
遊園地が隣接する会場で、北海道一大きい観覧車に乗ってみたり
楽しいことがいっぱいだった。
偶然にも友達が札幌の同じホテルに宿泊で
夜は一緒に札幌をフラフラして、夜景をみて地酒を飲んで。
下の名前で呼び合って、照れくさいやら嬉しいやらで。
久々に一日中笑い転げてた気がしたな。

旅の3日目、早起きして友達と朝食を食べた後お別れ。
また、一人になった。すこし寂しくなった。
帰りの電車内では北海道の景色を見ながら
スリーピーを聴いて帰ろうと思っていたのに、のに
なぜか小林太郎を延々と聴き続けた。

札幌から函館まで3時間ほど特急で移動。
窓の外を流れる海が綺麗だった。
「美紗子ちゃん」聴きながらぼろぼろ泣いていた私。

函館で特急に、青森県八戸で新幹線に乗り換えて東京駅まで。
朝10時前に札幌を出て、ひたすら列車を乗り継いで、東京駅に21時頃到着。
3日目は、居眠りもせずぼーっと景色を眺めるだけの一日。これも贅沢。
日本ってけっこう広いなって感動したり、
いろんな土地のいろんな人を観察したり。
時間に追われるんじゃなくて、時間を追う感じ、も悪くなかった。

最後は東京駅から夜行バスで地元まで。
バスの中で熟睡したのは初めてかもしれない。
帰宅して着替えて昼から仕事に行った。

地元に到着してなんとなく思ったこと、
何か壁にぶつかったら逃げ出せばいいんじゃないかなと。
逃げ出したって、帰るところはここなんだなと。
ただし、できるだけめんどくさい移動手段でのんびりと。
[PR]
by e_cocoro | 2010-07-22 22:29 | 音楽


音楽と日々の雑記録。やっと更新する気になったかも。               


by e_cocoro

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

その他のジャンル