0116 sleepy.ab「paratroop tour」@umedaAKASO

d0148249_9325575.jpg

乗るはずだった高速バスに乗り遅れ、結局新幹線で大阪へ。
昼に到着して、開場までの間大阪の友人と梅田でおしゃべり。
頼まれていたチケットやCDを渡して、お互いの好きな音楽について
話をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。
はじめて行く会場だったので、友達が案内してくれて
開場までに時間があったので予約していたチケットを引き換えて
ギリギリまで友達と立ち話。調整に時間がかかっていたようで
時間を少し押して開場。友人と別れて1人で入場して開演を待った。
番号は比較的良く、前方にも行けたけれど
真ん中あたりの一段あがった場所で、田中さん側から観ることに。

会場は最近リニューアルされた箱だったようで、
白を基調にしたお洒落な空間で天井も高くてとても広く感じた。
600人くらいは入れそうな感じ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開場が押した分、開演も少し遅れてスタート。
moriのSE からメンバー登場。
ダイバー/四季ウタカタ/insaide/夢の花/アクアリウム/インソムニア/ナハト・ムジイク/
nuknown/なんとなく/メロウ/ドレミ/メリーゴーランド/メロディ/sonar/flee/メトロノーム
en1.雪中花/ねむろ en2. 24


ほとんどの曲で演奏前に曲名を言ってくれて、セットリスト覚えやすかった。
“paratroop”からの曲が中心だけれど他にも好きな曲がいっぱいで嬉しかったな。

四季ウタカタ〜insaide〜夢の花の流れで早くも引き込まれ音に飲み込まれた。
sleepyのライブは、各曲がスウッと解けていくような静かな終わり方や
目が覚めてハッとするときのような終わり方だったりで、
ほんとに最後の一音まで聴き逃せないなあと思う。
しんとした一瞬の後に沸き上がる拍手の感じとかがとても好き。
この日は、曲の終わりにあと一小節分くらい余韻が残ってるんだけど、ってところで
必ずパチパチってフライングな拍手が発生していて、なんだかなあ・・・な気分だったりしたけども。


田中さん『11月からparatroopというアルバムを出して
楽しみにまわって来たのですが・・」
成山さん「楽しくまわってきた?」
田中さん「楽しみにまわってきた」と再度言って
「いらないねそれ」ってなやりとり(笑)

アクアリウム〜インソムニア〜ナハト・ムジイクではリズム隊が気になって、
津波さんの腕どうやって動いてるんだろう、
田中さんの指どうやって動いてんるんだろうって、交互にずっと二人を観てた。
ドラムとベースは全身を使って音を鳴らす楽器だと聞いたことあるから
余計に動きが気になる、のだ。

途中どこかのMCで田中さんが「paratrooop」って何ですか?って
成山さんに振って「「パラ」「トループ?」「パラト」「ループ?」
え、どっち?」みたいになって「何いまさら・・・おっかないなあ」とか
「間違ってたらやだよねーー」と 言いながら笑いを誘う。

「自分たちにとって新しい挑戦ができていいアルバムができた」言ってた。
「もう終わるのか?まだありますよ(笑)」軽いノリ突っ込みも??

田中さん「大阪何回も来てますが、今回のツアーは初めて
行ける場所が増えてきてうれしい」的なことを言いつつ
「ワンマンもがんばろうと・・・」と話の脈絡がなくなってきて
「あれ、微妙になってきた・・・」と自虐。
「客席あったまるまでがんばろうか?」と成山さんのSっぷりがちらり。

unknown〜メロディあたりまで、とにかく成山さんの声に陶酔しちゃったな。
心地よくて、ほんと優しい丁寧な歌い方だった。
どの曲だったかな・・成山さんの歌い方で、
一瞬息を吐いて吸ってそのまま歌う感じの
あの独特の吐息まじりの歌い出しに、ドキドキしてしまった。

田中さん「今回はツアーということでグッズを作って来たのですが、
キャンドルとかこんな、こんな(手でカタチを表現)
見た方が早いね(笑)」って。
(シャツの襟にバッジを着けてる山内さんを見て)
成山さん「かわいいって言われたいんでしょ?」
山内さん「違うよーー(必死)」
そのあとバッジの説明を求められうまく説明できなかった山内さん。
田中さんがまとめて言い直してあげてたり。

再び成山さんが「可愛いからでしょ?」って感じでいじる(笑)
必死で否定する山内さん「成山さっき楽屋で耳にしろって言ったんだよーー」と
みんなに訴えてて、成山さんは笑いつつ「どんだけSなんだって(笑)」と。
うまく書けないけど、このときのやりとり面白かったなー。

sonar〜fleeこのあたりはもう・・頭クラクラしてた。
fleeはほんとにライブで観るのがいちばんいい。

各地でライブをして札幌に帰ったときの
空港からの道のりで見える景色がイメージできる曲という紹介で、
アルバムがひとつの旅で、みんなも旅してるイメージで聴いてほしい
って感じのことを言ってメトロノームに。
曲の説明があったからか、観たことの無い雪景色が頭の中に想像できて
すごく不思議な気持ちになれた。

アンコールは2回
CDJからの帰りの飛行機で自分達の曲が流れていたことも話してたっけな。
田中さんが「次の作品作りも年内には・・」と言い出し
成山さんがすかさず「おおお・・・いつ??」みたいに慌てる。
田中さん「年内にしないと1年ペースにならないからね」って。
「今回のアルバムは2年半かかりましたが・・・
成山さん「このペースで行くと次出る頃は35歳?焦ろうか??」
メンバー「焦ろう」(笑)
田中さん「じゃあ年内にってことで公約しますか?」(開場湧く)
成山さん「今ぐらいでよくない?」(今日から1年みたいなニュアンスで)
それすでに年内じゃないじゃん的な津浪さんからのツッコミも。
多分こんな感じのやりとり。

最後は大阪もすきだという事を強調しつつ、
また来ます的な約束をして最後の曲「24」に。
ライブではじめてみた。
いろんな人の日記に山内さんが立つって書いてたから気にはなっていたけれど。
成山さんを見入ってたらすっかり見逃したけど「17」くらいで立ち上がった?
ラストがもう凄くて。
「何!このかっこよさ!!!」と思って、山内さんをひたすら見たなあ。
MCでは子羊みたいなのに・・・ギター弾き出したら狼みたいな。

今回はステージも高かったし、4人が丁度良い具合に見える場所にいたので
距離はあったけど、表情とか演奏してる指先とか、足の動きまで見えた。

ワンマンだから時間たっぷりだったのに、気がついたら終演で
少しだけ会場で余韻を味わって外に出た。

夜の繁華街で時間をつぶしつつ、知らない人に声かけられて
怖くなって予定より早くホテルを探してチェックイン。

ライブのこと思い出しながら、「メロディ」聴いてたらいつのまにか寝ていた。
次の日もライブがあるっていう幸福感に包まれて、久々に熟睡した気がする。
[PR]
by e_cocoro | 2010-01-17 11:43 | sleepy.ab


音楽と日々の雑記録。やっと更新する気になったかも。               


by e_cocoro

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

その他のジャンル