嬉しい、という気持ちの覚え書き 2

syrup16gの『Hurt』を聴いた。

手にするまでの興奮やら
手にした時の感動やらは書くまでもなく。

予約するときに「新譜」の文字とか見て、
いちいち、ああ再結成なんだなあとか、
現在進行形のバンドなんだなあって思って感動してた。

私は評論家ではないから音楽的な云々は置いておくとして
個人的に感じた事をいくつか。

新譜を最初に通して聴いて思った事。

瑞々しいな

だった。

初々しいでもなく、
若々しいでもなく、
生々しいでもなく
なんだかとても「瑞々しいな」って思った。


歌詞は空白の6年分の日記のような手紙のような。
むきだしの言葉で、
こんな言い回しで表現きるのは
やっぱりこの人だけだよなって思う。

曲名だけを先に知った時はちょっと「お?」だったけど
曲聴いたら「ああ、そうだなこのタイトルだな」って納得した。

曲調は全体的に80年代ぽい?
初めて聴いたとき私の思春期の頃よりもっと前の懐かしさがあったから。

アルバム『Mouth To Mouse』を初めて聴いたときの感覚にも近かったなあ。
交互に聴いてみたらだいぶ違うけど。全体のバランスとかかな。
声はすっきりしてるというか憑き物が取れた感じというか
今の方が聴きやすいし、気のせいか優しい声だと思う。

関係ないけど宇宙遊泳の間奏でメリモの台詞言いたくなるの私だけか?
あと、「ゆびきりをしたのは」の“勇気を使いたいんだろ”が
脳内で“You、気を遣いたいんだろ?”に変換されてしまう。

それにしても音楽の幅が広いのな。
11曲全部はっきりと色が違うってわりと凄い事だと思う。
(どんだけ才能隠してんのよねえ)

「生きているよりマシさ」
[PR]
# by e_cocoro | 2014-08-27 15:54 | syrup16g

嬉しい、という気持ちの覚え書き 1

また更新をさぼっていた。
というか更新する事無いかもな、なんて思ってたけど
気持ちの置き場として、やっぱりここを選んでしまう。

syrup16gが再結成した。
ツアーが発表された。
PVも観た。
新譜が発売された。
「hurt」を聴いた。
好きなバンドが現在進行形だ。

そして・・・・まだ信じられないでいる。
夢のようだ。

syrup16gの音楽に出逢ったのは
解散した直後だった。
透き通った美しい音楽だと思った。
他のどんな音楽にも無い透明感を感じて
しばらく他の音楽を受け入れられなかった。

出逢いが間に合わなかったことに何度も後悔をした。
武道館DVDをぶっ壊れるほど観倒して、
観れば観るほどその場に居られなかったことを後悔して、
絶対に届かない手を伸ばしてるような毎日で。

好きなバンドや音楽はたくさんある。
でも愛せるバンドはそう多くない。
syrupはもう別格どころではない。
大袈裟だと笑われるかもしれないが、自分の一部だ。
切り離せないから仕方ない。

新譜は珍しくフラゲした。
何年ぶりの行動だろう。
新曲たちと片時も離れたくなくて、
ヘッドフォンで眠る寸前まで聴いていた。
眠っている時も多分聴いてた。
起きたらコードが首に巻き付いていた。
10代の頃こんな感じで貪欲に音楽聴いてたっけなって
思い出して自分の姿を笑った。
久しぶりの感覚がたくさんあってうれしかった。

新譜一日中聴いて、聴いて、聴いて、噛み締めて
すっげぇ幸せだって思った。
こんな日が来るなんてなあって、想像できなかった。
朝が来て今日も私生きてんだって実感した。

ツアーには全公演行ける事になった。
syrupとの出逢いが遅かったぶん、
その時間を取り戻すように迷い無く全部行く事を決めた。
この先北海道や沖縄でツアーなんてやろうものなら
喜んで付いてってやるよ、くらいの心積もりだ。


たぶん、嬉しいが増えれば
ここの更新回数も増えるはず。


だから生きてやるの。もっと。


d0148249_1194245.jpg

[PR]
# by e_cocoro | 2014-08-27 15:25 | syrup16g

すきな色

今日は水色に囲まれて過ごしている。

生まれてきてよかったんだなって
思えた日から一年が経った。

“そう思えたことを忘れないために”
今日もまた暖かい色を灯した。

生きていたいと思う。これからもずっと。
[PR]
# by e_cocoro | 2013-05-11 22:37 | 気持ちとか

0508@NHKホール

ライブ中の気持ちとか諸々。
長くなったのでだいぶ端折ってみたり。

ライブ以外の諸々はまた後日。
d0148249_2252332.jpg


長いですよ。
[PR]
# by e_cocoro | 2013-05-10 00:53 | ライブ

0417 "Neuron Tour"@岡山 CRAZYMAMA 2nd ROOM 

ひさしぶりに、感想を。
レポではなく、あえて感想だけ。

最近はライブ自体数ヶ月に一度とかそんな頻度。
しかもスリーピーを観るのは1年ぶり?
間にacとか成山内を観に行ったことはあるけれど
abを観るのは随分と久しぶり。
少しだけ遠ざけていたというのが本音。

ドラムの音が変わることは、
私にとっては大きな問題で
新譜は聴いたけど、やっぱり受け入れられなかった。

音楽を楽しみたいのに、あれが違う、これが違うって
音楽じゃなく“音苦”になっていた。

腹くくってライブに行ってみたものの
新譜からの曲はまだよかったけれど、
過去の曲をやるたびに、
間違い探しをしてしまう自分。
違うことに対して受け入れられない自分。
バンドはすっかり前進してるのに、
私だけその場で地団駄してるような。

もうあのときの4人は観れないんだなって
ようやく現実と向きあって、妙な寂しさに襲われて
意味も無くボローっと涙流して。

泣いたおかげで吹っ切れて
途中からスッと音が入ってくるようになって、
あんだけ苦しかった前半が噓みたいに楽になって
ようやくライブを楽しめて、
終わってからやっぱり行ってよかったなって。

目の前に存在しない現実を
受け入れるには時間がかかるけれど
多分これからも事あるごとに
あのときはこうだったとか、この曲はこうだったとか
思うんだろうけど。それも仕方ない。

ライブが始まる前、今回のツアーに何度か行っている友達に
ドラムの音の違いを受け入れられるか不安だと話したら
「例えば、以前は地上に碇を下ろして構えてるような音だとしたら
今回は突進してるような感じだよ」と説明してくれたのだけど、
ライブを観終わって、ああ、何かわかるかもと思った。

全体を通して安心感も技術的なものも変わりないのだけど、
ずいぶん「若返った」感じがした。
前のめりでよりロックっぽくなったというか、
ギリギリの危うさというか。
でも若手のハラハラみたいなのともちょっと違う。
キャリアもあって紆余曲折あっての音、今だから出せる音なのか。

MCで「Reスタート」という言葉を使っていたのも印象的だった。
メンバーの強い想いが込められているのかな。

私の聴き方も「Reスタート」しなくちゃね。

でもー
[PR]
# by e_cocoro | 2013-04-19 17:06 | sleepy.ab

そろそろ

ここも元に戻すかなあ。



最近の好きな曲
PVないから歌詞貼ってみた。

ASKA
いろんな人が歌ってきたように
[PR]
# by e_cocoro | 2013-01-27 15:42 | 音楽

おやすみなさい。

なんだかね、昨日から
とあるバンド名で
検索してきてくださる方が
増えたみたいなので、


ちょっとだけ、おやすみです。
ほんのちょっと。

落ち着くまで、ね。
おやすみなさい。

このまま冬眠するかもしれないけど。
[PR]
# by e_cocoro | 2012-11-02 01:00 | 気持ちとか


音楽と日々の雑記録。やっと更新する気になったかも。               


by e_cocoro

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

その他のジャンル